FC2ブログ


admin admin Title List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近買った音楽CDの感想でも書こうかと。
冬コミを機に良作目白押しですな。
31日にはeufoniusから新作が出るんでそっちも楽しみです。


asa
■あさやけぼーだーらいん
茶太さんの最新作ですな。
bermeiさんとか大嶋啓之さんが作曲してるんで何の心配もなく聴けます。
名前の通り、あさやけでぼーだーらいんな曲調がほとんどなので夜明け前に聴くと現世に帰ってこれなくなります。個人的には『僕と世界の境界線』『り・あ・るるる』『がんばったら』が好き。

第一印象で『良い曲だっ!』と感じるものではなく、全て聴き終わったあとに暫くしてから『良い曲だったな……』としみじみ感じるような曲。
なんかの作業をしてる時とか、夜明け前のドライブとかに最適な1枚です。
BGMとして超お勧め。

asa
■Wheel of Green
PhantasmagoriaからファンになったWhisper Recordsの最新作。
民族系の曲が好きなら100%当りなCDです。
10曲目の『言葉、刻んで』が完璧にツボ。1分35秒からの盛り上がりがもうやべぇ。

ものすごく個人的な感想だと、『言葉、刻んで』は昔出てたノベルゲーム『あした出遭った少女』のイメージにものすごく合ってる気がする今日この頃。
いや、ほんとものすごく個人的な感想ですが(汗
あの作品結構好きなんですわ。田舎町のまったりした感覚が。

pra.jpg
■planetarium
『宙のまにまに』をアニメ化するなら、ぜひともこの曲を主題歌にしてほしい!!!
いや、まじで。


iyunaの作品は昔から好きなんですが、今回の作品は特に良かったと思います。
自分の中にはいくつかクリティカルキーワードというものがありまして、その中の一つがこの作品『planetarium』に関連する『星』なんですが……今回はもろにそれを食らってしまった感じです……。

1曲目の『遥かの月』もかなり良い感じなんですが、やっぱりメインは表題曲『planetarium』。
聴いてるだけで、美星とか姫とか蒼栄高校天文部が夜空をバックに部活やってる姿が浮かびます。
もっけもアニメ化するんだし、まにまにもアニメ化しないかなぁ……文化祭編までで良いからさ。
切実な願い。

Ver1.1よりも格段に操作感が良くなっている感じですね。
異識との対戦も当社比1.25倍で白熱中。
感覚的に、スグリ(ノーマル)の操作性がVer1.1以前に戻っている印象。
ハイパービームライフルの出の遅さはそのままですが案外フェイントになることが判明し、それはそれで重宝しています。

追加キャラではスグリPがお気に入り。
異識相手ではビットがほとんど牽制にならない上に、スグリ(ノーマル)と同じくミサイルの耐久力が紙の為なかなかに辛いものがありますが、その辺は愛でカヴァー。
キャラが強いか弱いかなんて些細な問題です。

近距離特化同士の【スグリSP VS カエ】のガチバトルはなかなかに熱いものがあります。
それから、きゅぴシュー好きに嬉しい参戦、まうーとの会話はかなりツボ!

今回は【ソラ(赤目)VS スグリSP(異識)】か、【スグリ(赤目)VS スグリSP(異識)】が熱いですね。
この二つの対戦だけで30回、40回連続対戦はざら。

対戦ものも良いけど、初代スグリみたいな面クリアものもやってみたいと思う今日この頃です。

なんかHTML弄るのがめんどくさくなってきたので、ブログ化してみました。
これで少しは更新が楽になるのかな、とりあえず2007年もよろしくお願いします。

■冬コミ
行くかどうか悩みに悩みましたが、結局行ってきましたよ冬コミ。
年内に実家に帰らなければならず、冬コミ後は即帰省しなければならないという強行軍。
当初に予定していたAOX、Wheel of Green、ケイヴラブを無事購入して12時半ぐらいには帰路についてました。
異識達との集まりもそこそこに一人切り上げて帰るのは、なんとも言えない気持ちに…。
もう冬コミは2日間だけで良いよ、29、30日だけで終了してくれ……。
大晦日は、おこたにみかんでゆく年くる年。

■プロフィール
猪年だけに!
汐とボタンはうちのマスコットキャラということで。

au.jpg
京アニKanonDVD1巻が発売され、今更風味な主題歌シングルが発売されてる今日この頃。
なんとなく良いタイミングなので、今まで様々なCDに収録されてきた【Last regrets】の音質比較をやってみようと思います。比較環境は1万円前半のヘッドフォン【ATH-AD700】MD/CDシステムコンポ【D-MA3】に接続しての比較。
この環境でも十分解るぐらいの違いが出てました。

まぁ、周波数うんぬんとかその辺は良く解らないので主観での評価しかできませんが、この曲を聴いてる回数なら誰よりも多いと自信を持って言えますので、その辺りを加味してこの評価を見ていただけるとありがたいです。

Last regrets音質比較表【赤目主観による評価】
Last regrets / Place of wind which arrives 【Tr.6 (Instrumental)】
-Key-
超高音質
Last regrets / Place of wind which arrives 【Tr.1】
-Key-
高音質
Last regrets/風の辿り着く場所 【Tr.1】
-Key Sounds Label-
中高音質
anemoscope 【Tr.2】
-Kanon初回限定版特典CD-
中音質
regret 【Tr.2】
-I've-
Kanon初回限定版/全年齢対応版
-Key-
低音質

こんな結果になりました。
原作に収録されているショートVerはボーカルが強調されすぎている印象。
初回版特典のanemoscopeとI'veのアルバムregretに収録されているフルコーラスVerは基本的に音質は同じだと思います。微妙に音がこもってますが原作に収録されているものよりはマシ。
2006年12月28日に発売されたアニメ版主題歌シングルはそこそこ音質は良い印象ですが、コミケ57限定発売の【Last regrets / Place of wind which arrives】の音質には到底及びません。
【Last regrets / Place of wind which arrives】に比べて、まだまだ音がこもっている印象。

赤目的Last regretsの最高音質は【Last regrets / Place of wind which arrives】に収録されているものです。しかも、Tr.6のInstrumental Ver。
何気に【Last regrets / Place of wind which arrives】に収録されているLast regretsはTr.1のボーカルVerとTr.6のInstrumental Verで音質にかなりの差があります。
ボーカルをメインに打ち出しているTr.1と曲をメインに打ち出しているTr.6。
好みは個人差があると思いますが、曲自体の音質を考えると最高音質の称号を与えられるものは【Last regrets / Place of wind which arrives 【Tr.6 (Instrumental)】】なのかなと。

もう、このCDはヤフオクとかでしか手に入らなくなっていると思いますが、興味のある方は探してみては如何でしょう。
マジでこのInstrumental Verは一聴の価値があると思います。
他のLast regretsは聴けなくなること必至。

過去の東方赤目日記です。

http://okotak.fc2web.com/touhou/niki.htm



Prev | HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2021 東方赤目日記, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。